投票する 1.50 の票
プリント
共有する facebook
twitter
Buzz this
Pick-upArtist!大塚功

Pick-upArtist!大塚功

アストロリコのコントラバス奏者であり、編曲もおこなう大塚功(Isao Otsuka)氏にその楽器の持つ潜在力と可能性、自身の音楽観について語ってもらった。

 

10TANGO-今日はインタビューにお答えいただきましてありがとうございます。実は以前東京のイベントでお会いしたときから、大塚さんのファッション・センスの良さに注目していまして・・・。  

 

 

大塚功氏(以下、略称)ファッションですか?  

 

 

10TANGO-ええ。舞台の上に立たれる方として、やはりこだわりがあるのかと思ったので。                           

 

 

大塚-そうですね(笑)。その時の自分らしさを表現しながらTPOにも適応し、自他共に好感をえられるファッションならベストかと思っていて。それと、デザインや美術が少年時代から大好きなので、そういう視点からファッションにも関心があるんです。  

 

 

10TANGO-少年時代から目を肥やしていらっしゃたんですね。その当時、耳からどんな音楽を吸収されていました?  

 

 

大塚-フォークソングやロック、ポップス、ジャズ、クラシックとさまざまですね。テレビやラジオから聞こえてくる音楽も原風景としてあります。  

 

 

10TANGO-当時影響を受けたアーティストなどもいらっしゃいますか?  

 

 

大塚-僕にとっての最初のアイドル・プレイヤーがレッド・ミッチェルです。歌心に満ち溢れていて・・・コントラバスを旋律楽器として昇華させた偉大なベーシストとして尊敬しています。  

 

 

10TANGO-うーーん、さすが大塚さん。渋いですね。ところでコントラバスを始められたのもレッド・ミッチェルの影響でしょうか。  

 

 

大塚-始める動機はもっと単純なもので(笑)。低音好きの嗜好性からエレキ・ベースを演奏していたんです。その頃・・・、高校時代ですが、ジャズも聴き始めてコントラバスのアコースティックな響きと音の持つ深さに魅せられました。さらに、弓弾き奏法にも、なにか大きな興味と可能性を感じて、習い始めたんです。  

 

 

10TANGO-どなたにコントラバスを教わりましたか?最初にコントラバスに触れたときのお話をきかせていただけないでしょうか。 

 

 

大塚-最初に三宅康司(みやけやすし)氏に教わりました。始めてのレッスンで、目の前で弾き聴かせていただいたコントラバスの音色と、その表現力の素晴らしさには本当に驚き・・・感動しましてね。今もそのイメージは僕の宝物として鮮明に残っています。で、僕が初めに手にした楽器なんですが、安価な・・・それでも分相応でしたが、調整も粗悪なものでしてね。『こんなの弦を押さえきられへん、指から血が出るでぇ~』と思いましたよ(笑)。 

 

 

10TANGO-じゃぁ、本当に『血のにじむような努力』をされたということですね・・・(笑)。その甲斐あって大阪音大に入学されたんですね?  

 

 

大塚-ええ。大阪音大に入学しまして、西出昌弘(にしであきひろ)氏に師事しました。あと、幣一成(へいかずなり)氏には音楽的空気感とロマンについて多くを教わりました。素晴らしい先生方に出会えたことは、今も心から感謝していますね。【2に続く】                       

 

 

1 / 2   /    3                       

 

 

【大塚功氏のプロフィール】               

【Astrorico門奈紀生氏への10TANGOインタビュー】             

【Astrorico麻場利華さんへの10TANGOインタビュー】             

【Astrorico平花舞依さんへの10TANGOインタビュー】                  

【過去のPick-upArtist!一覧】